Microsoftテナント ドメインの移行(統合)

こんちには、酒井です。

「会社の統合で、別々のテナントに存在するドメインを統合したい」

「事業ごとに契約していたMicrosoft 365 テナントを1つにまとめたい」

など、複数のMicrosoft 365テナントを1つに統一するご要望をよくをお伺いいたします。

しかし、2つのテナントを単純に統合できる機能は2022年8月現在Microsoftから提供されていません。

統合にあたって必要な作業はご利用中のMicrosoft 365サービスにより異なりますが、

  • ドメインの移行
  • アカウント/グループの移行
  • Exchange Onlineデータの移行
  • OneDrive/SharePointデータの移行

などが主な作業対象になるかと存じます。

この中でも、「ドメインの移行(統合)」についてはMicrosoft 365によるカスタムドメインの性質を理解しておく必要があります。

本記事では、複数テナントの統合時にドメイン移行(統合)するにあたって考慮すべき事項を記載します。

同一ドメインは複数テナントに存在できない


ドメインを移行(統合)する際は、移行対象ドメインを移行元テナントから削除したうえで移行先テナントへ登録する必要があります。

Microsoft 365 テナントにおいて、同じドメインは複数テナントに登録することができません。

例えば、”domain-a.co.jp”というドメインと”domain-b.co.jp”がそれぞれ”テナントA”と”テナントB”に登録されていたとします。

この状況で、”テナントA”へ”domain-b.co.jp”をカスタムドメインとして登録することはできません。なぜなら、”domain-b.co.jp”はすでに”テナントB”に登録されているからです。

したがって、「移行対象ドメインは移行元テナントから一度削除する必要がある」ということをご認識ください。

削除対象ドメインがテナントで利用されていない必要がある


ドメインの削除にあたり、ユーザーやグループのドメインをonmicrosoft.comへ変更する必要があります。(その他ドメインがあればそれでも可)

先ほどご説明したとおり、移行(統合)には元テナントにおけるカスタムドメインの削除が必要となります。

この際、テナント内のユーザーやグループ(以下オブジェクト)で当該ドメインが利用されていると削除できません。各オブジェクトonmicrosoft.com(初期ドメイン)などの別ドメインに変更する必要があります。

テナントにおけるカスタムドメインの削除には、当該ドメインがテナントで利用されていない必要があるということをご認識ください。

ログインIDやメールアドレスが変わる


各オブジェクトのドメインを変更と、ログインIDやメールアドレスが変わってしまいます。

ドメイン削除のために各オブジェクトのドメインをonmicrosoft.comに変更すると、当該オブジェクトでのサインインに用いるIDやメールアドレスも一緒に変更されてしまいます。つまり、「user@domain-b.co.jp」だったアカウントやメールアドレスが「user@xxx.onmicrosoft.com」に変わります。

すでに移行先テナントでにユーザーアカウントやメールアカウントが準備されており、ドメイン移行(統合)後すぐにそちらを利用できる状態であれば問題ありません。

しかし、移行先テナントの準備がされておらず移行元テナントをアクティブで利用している際にドメイン変更をすると大惨事です。今までログインで利用していたユーザーIDは使えなくなり、Exchange Onlineを利用している場合はメールの受信ができなくなります。

オブジェクトのドメイン変更の際は、移行計画をしっかり練ったうえで実施してください。

まとめ


テナント統合を行う際に必ず実施する「ドメインの移行(統合)」ですが、考慮漏れがあるとビジネスに大きな影響を与えてしまいます。

記載できていない事項もありますが、最低限本記事のMicrosoft 365 におけるカスタムドメインの性質を理解したうえで移行計画を策定いただければと存じます。


その他Microsoft 365やAzureに関するお悩み、ご相談がありましたらお気軽にWITHWITまでご相談ください!
提案実績100社以上、Microsoft 365やAzureなどMicrosoftクラウドサービスに特化したエンジニアが要件定義から構築まで対応させて頂きます!

関連記事

  1. 無料版Teamsアカウントを組織へ招待する方法

  2. IntuneでChromeのブックマークを設定

  3. Outlook予定表アクセス権を特定グループに付与

  4. 【Exchange Online】IPスロットリング回避方法

  5. Teasm会議参加者のマイクとカメラオフを強制

  6. エックスサーバーのDNSでExchange OnlineのDKIMが使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。