資産運用会社様

「Azure Virtual Desktop」で高負荷アプリケーションが
利用可能なリモートワーク環境

■導入背景

資産運用会社。 証券取引所が取引を受けつける9:00~15:00の時間帯を中心としたコアタイムに RSS(リアルタイムスプレッドシート)を中心とした複数のアプリケーションでワークフローを稼働。 コロナ禍におけるリモートワーク推進によって、アプリケーションの負荷に耐えうるリモートワーク環境の導入が求められた。

■導入内容

Microsoft の仮想デスクトップサービス「Azure Virtual Desktop(AVD)」を構築。
マシンスペックは稼働アプリケーションに必要十分なものを用意し、業務アプリケーションを事前にインストール。
全リモートワーカーへ同じ水準の仮想PCを提供。

■導入効果

クラウド側で業務環境を整え、従業員へ提供することでストレスのないリモートワーク環境を導入。
セッションホスト(仮想マシン)をマルチセッション型で構築したことで、1台のセッションホストで最大10人をアクセス可能としコストパフォーマンスを最大限に発揮。
また、セッションホストを指定の時間で自動起動&自動シャットダウンすることで、毎月のコストも最適化。

■ご提供サービス

・Azure Virtual Desktop
・Virtual Machine(Active Directory)
・Azure Files

ご提供サービスはこちら